畳の張替え

 今回は畳の張替(表替え)のご依頼をいただきました。

6畳の茶の間全ての畳の張替です。

年月が経ち、色があせてしまい、畳のヘリ部分も損傷していました↓



そして一畳の畳には大きなシミ!?

お客様のお話では、灯油ストーブの灯油をこぼしてしまったとの事↓




【工事内容】

早速畳屋さんに来てもらい、一旦畳をお預かりさせていただきます。

張替の場合、お預かりした畳の畳表(表面のイグサ)と畳縁を剥がし、
中の畳床は既存のままに新しい畳表と畳縁を縫い付けます。


張替後は畳を外した時と同じ位置に配置。

収まりなどをしっかり確認・調整し、ゴミなども落ちていないか確認後、
畳の張替作業の完了になります↓





畳張替後の茶の間には新しいイグサの香りと畳の綺麗な色艶が戻り、
お客様にも喜んでいただけました。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブログ、始めました!
    shu

links

profile

書いた記事数:8 最後に更新した日:2010/06/01

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM