脱衣場に手摺取付

今回はお仕事ではなく、家族の為の作業。

当社は完全家族経営の会社で、
45年ほど前に大工だった祖父が創めた会社です。

その祖父も40代の頃に脳梗塞をわずらい、現在は右半身が麻痺してしまっています。

移動の時には何かにつかまりながら動く状況で、
以前脱衣場にも手摺がほしいと言っていたので、
仕事の合間に取付けてあげる事にしました!

【工事内容】

脱衣場の木製ドア枠に手摺を取付けます。

ドア枠自体、柱に固定されているので、
取り付け時に手摺・ドア枠・柱をビスで繋げる用にビスを打てば
十分にしっかり固定されるので、この場所に取り付ける事にしました↓



場所を決め、祖父が使いやすいように位置を上下に細かく調整。

位置が決まれば手摺を垂直に取付。

固定後は手摺を思いっきり引っ張ったり揺らしたりし、
自分の手で耐久性を確認。

しっかりと固定されていることが確認できたら作業終了。

後は手摺を使う方(今回は祖父)
に実際に使用してもらい、最終確認をしてもらいます。

OKをもらえれば完了です↓



祖父と祖母も喜んでくれました!

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブログ、始めました!
    shu

links

profile

書いた記事数:8 最後に更新した日:2010/06/01

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM